top of page

​Gold and Silver

2022

460mm × 400mm

 

​金色の

ちひさき鳥のかたちして

銀杏ちるなり

夕日の岡に

​与謝野晶子​

 黄色の布は、銀杏の葉を抽象的に表現しつつ、丸い染みを夕日に見立てています。

 「銀杏」のように、季節を表す言葉が入った歌を作品にすると、飾れる季節が限定されてしまいますが、金色の「金」と銀杏の「銀」で、縁起物として年中飾れる作品になるように字を選びました。

bottom of page